オーディション詳細

第1回大会(1989年)
応募総数:8926人
募集資格:1964年生まれ~1978年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:高原 百合恵
準グランプリ:阪野 萌生
主なファイナリスト:竹内 由里
備考:小学生・中学生が地域別選考で落選している

第2回大会(1990年)
応募総数:10233人
募集資格:1965年生まれ~1979年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:杉下 麗美
準グランプリ:西原 梓美(現:西原 あずみ)
主なファイナリスト:大河内 美咲川野 由花宮口 真智子
備考:グランプリ受賞者の杉下・準グランプ受賞者の西原共に、東北ブロック代表

第3回大会(1991年)
応募総数:10557人
募集資格:1966年生まれ~1980年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:三宅 渚
準グランプリ:佐久間 早苗
主なファイナリスト:倉橋 瑠美鈴木 明奈
備考:グランプリ受賞者の三宅(渚)・準グランプリ受賞者の佐久間共に、1970年生まれ

第4回大会(1992年)
応募総数:10632人
募集資格:1967年生まれ~1981年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:宮坂 麻由美
準グランプリ:内海 奈保子
主なファイナリスト:安土 和穂土方 双葉
備考:グランプリ受賞者の宮坂は、初の社会人受賞者であった

第5回大会(1993年)
応募総数:11208人
募集資格:1968年生まれ~1982年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:坂橋 良香
準グランプリ:梅澤 郁江
審査員特別賞:朝比奈 わかば
主なファイナリスト:市井 真由美(P.N:檀一香)、茂木 知花(現:萌葱 知花)、吉澤 香苗
備考:この回から審査員特別賞が追加され、審査員特別賞を受賞した朝比奈は当時小学5年だった

第6回大会(1994年)
応募総数:11564人
募集資格:1969年生まれ~1983年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:中本 茉莉(現:中本 まつり)
準グランプリ:草間 鈴菜(現:草間 れいな)
審査員特別賞:根岸 さくら
主なファイナリスト:白鳥 奈緒夏目 すみれ
備考:後にファイナリストの白鳥はΜアカデミー一期生となる

第7回大会(1995年)
応募総数:11662人
募集資格:1970年生まれ~1984年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:目黒 ルミ
準グランプリ:本木 静
審査員特別賞:横田 寿々花
主なファイナリスト:瀬戸 陽菜乃(現:瀬戸 ひなの)、中村 香澄山田 さとみ
備考:後にファイナリストの山田はΜアカデミー一期生となる

第8回大会(1996年)
応募総数:11759人
募集資格:1971年生まれ~1985年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ該当者なし
準グランプリ:関本 愛
審査員特別賞:柴田 佳枝
主なファイナリスト:山口 亜衣
備考:後にファイナリストの山口はΜアカデミー一期生となる

第9回大会(1997年)
応募総数:11896人
募集資格:1972年生まれ~1986年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:結城 星羅
準グランプリ:谷繁 睦
審査員特別賞該当者なし
主なファイナリスト:脇坂 亜理沙
備考:準グランプリを受賞した谷繁は第7回・第8回大会では書類審査で落選している

第10回大会(1998年)
応募総数:10349人
募集資格:1979年生まれ~1987年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:曾我部 和(現:曽我部 まどか)
準グランプリ:西畑 あずみ
審査員特別賞:内海 清泉(現:内海 いずみ)①
主なファイナリスト:牛尾 さくら
備考:10代大会で、グランプリ・準グランプリ・審査員特別賞、全ての受賞者全員が80年代生まれ

第11回大会(1999年)
応募総数:12054人
募集資格:1974年生まれ~1988年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:津久田 佐織
準グランプリ:菅 寧音
審査員特別賞:中西 星華
主なファイナリスト:逸見 理奈(P.N:淡路リノ)
備考:二期連続で、グランプリ・準グランプリ・審査員特別賞、全ての受賞者全員が10代で80年代生まれ

第12回大会(2000年)
応募総数:12356人
募集資格:1975年生まれ~1989年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:兵藤 琉奈
準グランプリ:貫井 美咲
審査員特別賞:坂上 葉月
主なファイナリスト:笠原 冨美②、村木 遥奈
備考:初の平成生まれのファイナリストが誕生した。また、この大会からコーディネート審査から特技審査に変更された

募集資格:1971年生まれ~1990年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランドグランプリ:石黒 瑞穂
備考:二十一世紀初のオーディションということで、各地域でオーディションを行い、各地域のグランプリでグランドグランプリを決定した

第14回大会(2002年)
応募総数:13480人
募集資格:1977年生まれ~1991年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:倉田 陽香
準グランプリ:若槻 千春
審査員特別賞:若林 咲良
主なファイナリスト:有坂 仁美(現:江角 仁美)③、六川 文花
備考:90年・91年生まれは地域別選考で落選し、初の官僚のファイナリストも誕生した(後に、そのファイナリストは退官し、現在は早瀬正信のマネージャーをしている(以前はCROWNのマネージャーだった)実は同じ熊本出身ということで)

第15回大会(2003年)
応募総数:43209人
募集資格:1978年生まれ~1992年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ該当者なし
準グランプリ:橋爪 ほたる
審査員特別賞:柴田 英理奈(現:柴田 エリナ)
主なファイナリスト:猪熊 心④、深間 睦美
備考:47都道府県代表でオーディションを行われた。また、この大会から携帯電話からでも応募が出来るようなった

第16回大会(2004年)
応募総数:13698人
募集資格:1979年生まれ~1993年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:新垣 優美
準グランプリ:猿橋 信恵
審査員特別賞該当者なし
主なファイナリスト:芹沢 天音0、番場 双葉④、三宅 知恵
備考:初の90年代生まれのファイナリストが誕生した(番場・三宅(知))

第17回大会(2005年)
応募総数:14620人(新グループメンバーオーディションと同時エントリー人数:449人)
募集資格:1980年生まれ~1994年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:園田 桃
準グランプリ:江口 蒼衣
審査員特別賞該当者なし
備考:初の平成生まれ尚且つ90年代の受賞者が誕生した。(準グランプリ受賞者の江口(蒼))また、新グループメンバーオーディションと同時エントリーが可能だった
新グループメンバーオーディション(2005年)
snow-crystalを参照

第18回大会(2006年)
応募総数:15032人
募集資格:1981年生まれ~1995年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:福永 五月
準グランプリ:徳田 麻衣
審査員特別賞:松田 麻由
備考:審査員特別賞の松田(麻)はオーデション合格者では初となる、デビュー当初からの関西所属者(松田以前の合格者は本社から異動)
また、グランプリを受賞した福永は第14回・第15回大会では書類審査で、第17回大会では地域選考で落選している

第19回大会(2007年)
応募総数:15667人
募集資格:1982年生まれ~1996年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:早乙女 実来
準グランプリ:三笠 美夏
審査員特別賞該当者なし
備考:初の平成生まれ尚且つ90年代のグランプリが誕生した(早乙女(実))また、初となる男性対象のオーデションが同時に行われた
ボーイスカウトオーディション(2007年)
応募総数:10978人
募集資格:1982年生まれ~1992年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の男性
主なファイナリスト:稲森 寿広0、澤口 康文棚橋 麗二0、藤川 優0、道場 勤0
備考:後に劇団DA-プリンスのメンバーになる広末一馬、物部航平(現:物部コウヘイ)・片岡杏輔(現:片岡キョウスケ)(共に漫才トリオモノガタリのメンバー)は地域別選考で落選した

第20回大会(2008年)
応募総数:13943組(27886人)
募集資格:1983年生まれ~1997年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:笠原 弓枝笠原 亜矢姉妹
準グランプリ:中元 美南(旧芸名:中元 みなみ)・中元 美早(現:中元 みさき)姉妹
審査員特別賞:土方 みちる⑥・土方 みのり⑥姉妹
備考:姉妹大会で、姉妹のどちらかが芸能活動経験者だった場合書類審査時点で落とされるとう言う厳しいものであった。また、久しぶりに特技審査ではなくコーディネート審査だった。この大会のみ、姉妹二人一組で審査全て行われ、北海道ブロック・東北ブロック・中国ブロック・四国ブロック・九州ブロック各1組、関東ブロック・中部ブロック・近畿ブロックが各2組代表として選出された

第21回大会(2009年)
応募総数:15998人
募集資格:1984年生まれ~1998年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:佐倉 絵美
準グランプリ:品川 伊織
審査員特別賞:天童 やよい
主なファイナリスト:樫原 司0、釘宮 真奈美
備考:初のグランプリ・準グランプリ・審査員特別賞、全ての受賞者が平成生まれであった(25回でオーデションが終わったため唯一の受賞者全てが平成生まれとなった)

第22回大会
応募総数:15998人
募集資格:1985年生まれ~1999年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ該当者なし
準グランプリ該当者なし
審査員特別賞:山下 彩華竹田 静恵萩原 鈴乃
備考:グランプリ・準グランプリがいないと言う不調の大会で、2012年に行う予定だったダンスカンパニーの弟分オーディションを前倒しにする形で、次の大会が初の男性大会することを大会終了後の事務所のホームページで発表された。また、審査員特別賞受賞者の一人、萩原は初で唯一(25回でオーディションが終わったため)の平成二桁台生まれの受賞者であった。なお平成二桁台生まれのファイナリストは、この大会と24回大会のみである

第23回大会(2011年)

第24回大会(2012年)
応募総数:16832人
募集資格:1987年生まれ~2001年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
グランプリ:澁谷 雅美
準グランプリ:保科 安栄
審査員特別賞:茅野 澪
主なファイナリスト:北川 由奈、坂本麗香(ドリーミングプリンセス四期生→ドリーミングアカデミー一期生・二代目ミラクルガールズ)、堀内 紫織❼、宮本 由美子
備考:25回大会でオーディションが終了となったため、この大会で最後の審査員が審査したオーディションである(なお、劇団DA-プリンスの追加メンバーオーディションも審査員が審査しているが本大会ではないため)、また二代目ミラクルガールズのメンバーの坂本麗香は初の2000年代のファイナリストで、唯一の2000年代のファイナリストである(25回大会は2000年代は対象外のため)

第25回大会(2013年)
応募総数:34944人
募集資格:1980年生まれ~1999年生まれで、日本に住所を有する芸能活動未経験者の女性
結果
80年代前半
第一位:坂本 晴子
80年代後半
第一位:百瀬 志保
第三位:島岡 つばさ⑧(大阪校)
90年代前半
第一位:陸川 麻耶
第二位:笹岡 真由⑧(大阪校)
90年代後半
第一位:益田 エリナ
第三位:鹿島 愛理0
第六位:竜崎 若葉(MARCHのベーシスト)
備考:最後のオーディションであり、一般WEB投票で芸能界入り(事務所に入社)するものを決定した(なお、一位獲得者のみその権利があった) また、劇団DA-プリンス追加メンバーオーディション合格者の喜屋武幸広の実の妹でシンガーソングライターの喜屋武良実は書類審査で落選している
劇団DA-プリンス追加メンバーメンバーオーディション(2013年)

劇団DA-プリンスV2(劇団DA-プリンスV弟分)オーディション(2017年)

  • 最終更新:2017-08-10 19:09:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード